推理小説の話題でお姉さんと仲良くなることもある…かも

「なに読んでるんですかぁ?」

仕事帰り、ラテを飲みながら、原 寮さん の文庫本を開いていたら、テーブルを拭いていた店員さんと目があいました。

「わたしもミステリー、よく読むんですよー」

神さまー。ミステリーを生んでくれて、ありがとうございます!

でも、油断は禁物です。ここで へたに、麻耶雄嵩さん とか、清流院流水さんあたりの名前を出して、店員さんとのアカい糸が途切れてしまっては、モトもコも ありません。慎重に、最近読んだ本を訊いてみます。

「乙一さん とか 伊坂幸太郎さん とかすきなんですよー」

神さまー。映画化してくれてありがとうございます!

最近話題の作家さんですから、短編くらいは読んでます。読んでいないタイトルでも、あらすじくらいは知ってます。それに、伊坂幸太郎さん にいたっては、きのう読んだばかりです。

「休みの日には、本屋さんにも よく行くんですよー」

神さまー。近くに大きな本屋さんを作ってくれてありがとうございます。

お店で店員さんをみかけない日は本屋さんチェックです。

あ、え、いや、店員さん目当てじゃないですよ。乙一さん と 伊坂幸太郎さん の全作品読破です!

…そのあとで、店員さんと仲良くなるんです。

「推理小説の話題でお姉さんと仲良くなることもある…かも」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。